2030年頃のIT業界を予言 - 奮闘日記 from ばはむる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2030年頃のIT業界を予言

こんばんみ。
ばはむるです。

タイトル通り、2030年頃のIT業界を予言します。
まぁ、世界が滅びてる可能性も否定出来ませんが。
これからも続ける20代の人達が50代になって管理職に
なった頃に大変な事が起こります。

それはね。


2000年問題ならぬ2038年問題です!!


2000年問題は、客観的には何もなかった様に見えるけど
裏では大分大変だったみたい。


で、今回の2038年問題も大分ヤバい。
金融機関などのシステムが全てクルクルパーに
なります。


何故かと言うと、2038年1月14日だったかな?
まぁ、とりあえずその時間を過ぎると32bitのLinuxシステムは
全て時間が1900年頃に戻ります。


当然、そうなるとお金の計算とか時間指定で自動起動設定
しているものも全て狂うのです。


ということで、これを回避するには64bitマシンへの移植
又は
時間を管理している処理の修正が必要なんですな。


どれも、簡単には行かない改修になるから2030年頃も続けている管理職はヒーヒー
言わされるよ!!


頑張ってねww


と、たまにはIT業界らしい記事を書いてみた。
気になる人は、2038年問題で検索すればよろし。


ではでは ノシ


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。